MESSAGE

profile

「全員にとってほどほどに良い」を大きくつくるのではなく、「誰かにとって本当に良い 」を小さくても一つ一つ丁寧につくる。

新しいサービスをつくると、ある人にとって必要、ある人にとってはどちらでも良い、そしてある人にとってはそれがあると困ることさえあります。
国家公務員として勤務をする中で、国のような大きな組織が新しいサービスをつくると、多くの人にサービスを提供することが必須となるため、「全員にとってほどほどに良い」以上を実現することが困難であると感じていました。

もちろん大きな組織の役割も非常に重要だと考えています。
一方で、東京という大都市や国や大企業といった大きな組織に様々なヒト・モノ・カネの資源が集中し過ぎているように感じています。

「ほどほどに良い」をいくら集めてもほどほどに良いにしかなりません。
しかし、「本当に良い」は、たとえ一つ一つは小さくても、集まることで多くの人にとっての「本当に良い」になります。

これからも、小さくても「誰かにとって本当に良い」をつくっていくことができればと考えています。

代表取締役 柚木理雄

EXPERIENCE

LECTURE

1 空き家活用・コミュニティづくり
・独立行政法人中小企業基盤整備機構:地域のサードプレイスを考える
・自由大学:ゲストハウスをつくろう
2 移住促進・関係人口創出
・財務省:地域活性化サロン
・千葉県:ちば移住市町村合同フェア
3 シェアリングエコノミー
・シェアリング Meetup Tokyo 2018
・民泊大学:民泊カンファレンス
4 NPO
・社会起業大学:NPO法人のつくり方
・人事院:国家公務員研修「市民社会とのパートナーシップを考える」
5 農政・6次産業化
・中央大学公共政策大学院
・再生可能エネルギー世界展示会&フォーラム
6 経営
・2017年度日系研修:起業・後継者のための経営力強化
・明治大学「地域創造総合講座」:地域資源を活かした海外向けビジネスの創造
7 キャリア
・日経ビジネススクール:「寿命100年」時代に選ぶべき“自分の仕事”〜「地域」創生プロジェクト〜
・アジア社会起業家育成塾:チャレンジで開かれるキャリア〜農林水産省、NPO、地域と世界をつなぐ「Little Japan」の取組を通じて〜"

MEDIA

生きづらさを仕事に変えた社会起業家 54人
三菱UFJリーサーチ&コンサルティング ソーシャルビジネス支援プログラム採択
日本経済新聞、NHK、日本テレビ、テレビ朝日、J-WAVE、TOKYO FM、ソトコト、TURNS等

contact